USCPAを目指す人のための【アビタス米国公認会計士コース】

米国公認会計士(USCPA)は日本でも受験可能です!

米国公認会計士(USCPA)はアメリカの会計士資格ですが、 注目すべきは取得後のキャリアです。 USCPA取得後は会計職はもちろんのこと、経営企画・外資系コンサルといった専門的な分野などにも活躍の場が広がります。

またUSCPAを取得することにより、グローバルを目指す方にも海外へ進出するための必要なスキルが学べる資格として人気が出ています。

2011年からは日本でも米国公認会計士の資格試験が行われていることも人気の要因の一つでしょう。

米国公認会計士(USCPA)を目指すなら⇒ 国際資格の専門校アビタスの米国公認会計士(USCPA)コース
-  |  次の3件 »

米国公認会計士受験のための勉強時間


【アビダス】の米国公認会計士
【アビダス】米国公認会計士コースでは、

個々のニーズに応じる学習プログラムが用意されています。


【アビダス】の米国公認会計士を取得するためのプログラムでの勉強時間は、

トータルで基本的には167時間です。


全59回のプログラムで、年間3ヶ月で1学期の4学期制で開講しています。


9ヶ月で修了するレギュラーコースは、

第4学期を米国公認会計士合格のためのまとめの勉強時間にあてます。


6ヶ月で修了する速習コースは、

平日の夜を米国公認会計士のための勉強時間にあてます。



また、土日だけの通学コース、いつでも学習開始のできる通信コースもあります。


⇒ ビジネスに必須のコアスキルも身につく、『 米国公認会計士(USCPA)』。
学ぶなら、アビタス



米国公認会計士はどのくらいの年収なの?

米国公認会計士の年収は、どのくらいなのでしょうか。


まず、米国公認会計士の資格を取得した人の活躍する場所は、

主に外資系企業や監査法人、コンサルティング分野が挙げられます。



通常米国公認会計士の年収は、おおよそですが、

500万円から800万円であることが多いようです。



しかし、米国公認会計士の年収にも、実務経験の長さ、残業時間などから

違いがあり、それよりも高額である場合も多いです。


何れにしてもかなり高収入の部類には入りそうですね!


【アビダス】米国公認会計士コースは、前試験範囲を167時間でカバーし、

学習から受験手続までのきめ細かなサポートをしています。


>>転職に有利な資格、米国公認会計士(USCPA)。学ぶなら、アビタス<<


米国公認会計士は日本で受験できます!

米国公認会計士の試験は、日本でも受験が可能です。

そして米国公認会計士の試験を日本で受験できるのは、

東京、横浜、大阪になります。


また受験できる日ですが、

2月、5月、8月、11月で、その実地期間内で受験日を決め、

受験する科目の順番は自由に決められるようになっています。



この米国公認会計士の試験は日本でも受験可能ですが、

アラスカ州、グアムなどの決められた州へ出願する必要があります。


この出願ですが、必要な単位数が州により異なっています。


しかし、【アビダス】米国公認会計士コースでは、

個々に応じて出願するのに適した州を案内していますので安心ですね!


⇒ アビタスが選ばれる3つの理由


-  |  次の3件 »
Copyright © USCPAを目指す人のための【アビタス米国公認会計士コース】 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。